恋人に指摘されて気がついた、私も更年期の潜入

2時代ほど前から、なんだかボディーに障害な感触が続いています。何処が酷いという訳ではないのですが、やる気が起きない、念頭が漠然と痛む事が多くなりました。時折更に暑い日光でもないのに、ボディーが変に暑くなり汗ばみ、以後逆に冷えて冷温を感じるといったことも多くなりました。

私の妻は目下51年で更年期の中途だ。旦那も各種障害を訴えています。私の現在の障害をみんな妻に話してみると、お互いに実態が非常に通じることに気がつきました。妻曰く「それは一番更年期の実態だよ。紳士は月の物はないけれど、女子と同じで更年期があるって聞いたけど、まさにそれだよ。紳士の更年期だよ。」っていわれました。

ぼくは目下49年。考えてみれば2時代ほど前から、出勤にホビーにハートが起きません。ただ時代を取ってバイタリティが落ちただけと思っていました。また、それと同時に頭痛が酷くなってきたのです。がんらい片頭痛保ちですので、天気の変わり目などに念頭が痛くなることが多かったのですが、ここ数年は健康から頭痛になるといった様態が続いています。毎日、首見回りの凝り、肩の凝りが続き、それが酷くなると頭痛に転化します。念頭も薄ぼんやりとして、毎日、頭痛の現れが続いています。

「奥様に紳士の更年期よ」といったいわれてから、ネットで何だかんだ調べてみると、どうやら似たような実態を勧める中年男性が見受けられます。私の実態は一番紳士の更年期だ。ホルモン注射などで実態を抑えられるそうですが、ぼくはそういった対策療法は嫌いなのでしません。

やる気が起きないのは仕方ないですが、免疫が落ちて思わぬ疾病になる懸念が伸びるので、生活体を冷やさないように努めています。あんまり熱い湯は好きではないのですが、僅か高熱めのお風呂に長く浸かり、体の芯から暖めるみたい心掛けています。また日々のストレッチング動作も継続しています。以前には受取る意味のなかった右腕の寒気や、首や肩の凝りは、これで大層緩和されてきました。化粧品に入っているアスタキサンチンには、どのような効能があるのか?